注文住宅を購入する際には、失敗しないための資金計画を立てておくことが大切です。具体的には、適正な返済方法を考えるために、基本となる次の二点があります。
一点目は、注文住宅を購入するタイミングの前と後で家計の変化を可能な限り予測する、ということです。
二点目は、将来のライフプランについて分析する、ということです。
一点目で挙げている家計の変化については、家計の中で最も大きな影響のある住居関連費を中心とし、その変化などを考えます。
二点目で挙げているライフプランについては、人生で必要なお金において、返済に影響を及ぼすようなイベントを洗い出します。時代の変遷も考慮し、物価上昇や金利上昇リスクなども加味します。
これらの結果を分析することによって、適正な借入額や適正な返済方法を決定することができます。注文住宅のローンの支払いには長期間を要します。そのため、単純に現状だけで判断してしまうとリスクが大きくなります。長期的な展望を含めて検討することが、本当の意味での失敗しない資金計画になります。