2016年 10月 の投稿一覧

家づくりの進め方

新築の住宅を購入しようと考え始めたら、まず情報集めから行いましょう。新築の住宅と言っても、買い方は様々です。もともと建売で販売されている、もう既に出来上がっている物件を購入するのか、土地から選んで購入し、自分達が満足できるような注文住宅を購入するのか、買い方は全く違います。
家族でどのような住宅が良いのか話し合っても良いですし、モデルハウスの見学や、建売販売中の三重の新築住宅を見に行っても良いでしょう。
土地から購入して注文住宅を建てることを決断した場合は、どの建設会社にお願いするのかを考えましょう。建設会社によって、家造りの仕方やデザインは違ってきます。しっかりと情報収集を行い、自分好みの会社が見つかったら、実際に会って話を聞いてみるのが一番です。それからはどんどん家づくりが進んでいきます。
あらかじめ自分達の要望や希望はまとめて書き起こしておくと、スムーズに話は進んでいきます。イメージをしっかり膨らませて、良い話し合いが出来るようにしましょう。

後悔しない住宅会社の探し方

土地を所有している人が、注文住宅で一戸建てを新築しようと考えているのであれば、地盤調査も担当してくれる工務店に相談しましょう。注文住宅のメリットのひとつは、長く住み続けられる住まいを実現できる点です。長く住み続けられるように、しっかりと定期メンテナンスを行ってもらうのが一般的です。定期メンテナンスは建物に対しての取り組みです。建物が大丈夫でも、地盤が弱いと、長い年月の間に沈下現象が発生したり、建物が傾斜してしまったりする場合があります。地盤調査をしてくれる工務店は、法律や条令の地盤強度の安全基準を満たすだけでなく、将来的に沈下や傾斜が発生しないように地盤強化対策をしてくれます。地盤強化対策は決して高額な工事ではないのですが、新築前に施工する必要があります。コンクリート基礎を施工する前に地盤強化対策を施工すれば、建物全体の耐震性も向上します。地盤調査と地盤強化を、コンクリート基礎の施工前に実施してくれる工務店は心強いです。

失敗しない資金計画

余裕をもって住宅ローンを完済した人の多くは、無理のない資金計画を立てていたという共通点があります。自分の収入に見合った返済額と総借入額をしっかりと判断し、住宅ローン減税も賢く利用してできるだけ効率よく返済を行うと、生活にもゆとりが生まれますし、気持ちの面でもたいへん楽になるものです。
これから注文住宅を建設しようと意気込んでいる人の中には、多少無理をすれば返済が可能といった資金計画を考えているケースもみられます。しかし、そのようにタイトな資金計画であると、突発的な収入減や大きな支出によって、途端にローンの返済に困窮することに繋がりかねません。
失敗しない資金計画は、自分だけで考えずに銀行の融資担当者やファイナンシャルプランナーにしっかりと相談し、熟考して立案することをおすすめします。注文住宅は高額な買い物です。手に入れることだけが目標とならないよう、その後の返済についてのプランを慎重にシミュレーションすることが大切です。

失敗しない土地探し3

三重県で新築の注文住宅を建てる際に、大切になってくるのが建築する土地です。
失敗しない土地探しをするためには、時間と労力を必要とします。
まず、自分の理想とする土地の条件を知っておきましょう。
日当たりを重視した南道路なのか、プライバシーを守ることが出来る北道路、土地を有効活用できる2面道路など、道路の接している方角によって、使い勝手や日当たりが変わってきます。
どのような点を重視したいかによって、道路の位置も変わってきます。
また他にも、日当たりの状態について実際に体感しておくことも大切です。
気になる土地があったら、同じ時間帯や天気の良い日だけでなく、色々な時間に様子を見に行ったり、雨や風が強い日なども様子を見に行くと良いでしょう。
日中や晴れている日には気づけなかった点や、不具合などが発見できる可能性もあります。
数回見ただけではわからないこともたくさんあるものです。
焦らずに時間をかけて探すことがとても大切です。

失敗しない土地探し2

注文住宅を新築で建築する際に、まず始めることが土地探しです。
この土地探しは、住宅を建てる際にはとても重要で、また土地次第でかかる費用も異なっていきます。
失敗しないためにも、事前にチェックしておきたいことは、まず元々がどのようなことに使用されていたかという点です。
例えば、元々が山であったところと、水田であったところでは地盤の強度が異なります。
特に水田や川べりのような、水が関わった場所の場合、深く掘ると水が出てきてしまったり、少しの衝撃で変形してしまう恐れがあります。
このような土地の場合には補強を行う必要が出てくるので、通常よりも建築費用がかさんでしまう可能性が高いです。
また、住宅に住んでからも水害に襲われる可能性が高いので、常に注意が必要です。
住宅を建てるときには、地盤のしっかりとした場所を選ぶことが大切です。
また、日当たりなどもチェックしておく必要があります。
同じ時間だけでなく色々な時間帯の様子をチェックしましょう。

失敗しない土地探し1

注文住宅の新築に際して、最初に決めなければならないのが土地です。
条件の良い土地は価格が高く、比較的安い土地は利便性や環境面をある程度犠牲にしなければならないなど、どこに重点を置くかが難しいところでしょう。
子育て世代でしたら、学校区や交通機関、周辺の環境を重視して選ぶことがおすすめです。小学校は公立校に通わせる場合も、地域によって大きく風土が異なりますので、できる限り環境の良い場所に居を構え、腰を据えて子育てをすることを考えたほうが良いでしょう。
またDINKSなどの経済的に余裕のある世帯ではより都心部の近くに、またガーデニングや家庭菜園などの庭造りを楽しみたいのなら広い区画を探しやすい郊外にと、それぞれの家庭事情によって最もマッチする場所は異なります。
ライフスタイルや自分たちの好み、そして購入価格等を総合的に勘案し、納得のいくより良い土地を選ぶことが重要です。土地選びに成功すれば、注文住宅の新築は8割がた成功と考えても良いでしょう。

注文住宅の設計について

お洒落なカフェのような雰囲気の住まいに仕上げたいのなら、三重県の注文住宅の工務店に相談しましょう。工務店によっては、実際に喫茶店やレストランの内装を手がけている場合も多いです。一戸建て建築実例だけでなく、内装の施工実例も参考になります。

お洒落な住まいに実現したいときに問題になるのがガラス窓の大きさや開口部です。大きなガラス窓や開口部があると、屋外からの採光性が良くなりますし、街のカフェのような雰囲気に仕上がります。お洒落な雰囲気を一戸建て住宅で安易に実現させると、耐震強度が弱まってしまう場合がありますので、お洒落な雰囲気のデザイン性を採用しつつも、耐震性能と耐久度を高く仕上げる必要があります。

注文住宅の木造建築は、柱と梁の構造体で耐震性と耐久性を実現できますので、壁に大きな窓や開口部を施工しても安心です。お洒落な雰囲気の住まいはホームパーティーの開催にも最適ですから、耐震性と耐久性の高さを維持したまま施工してもらいましょう。

新築の土地探しについて2

新築で注文住宅を建てる場合、建て替えや元々、土地を持っているのではないかぎり、新たに土地を探す必要があります。
ハウスメーカーの中には、注文住宅と土地をセットで販売しているところもありますが、自力で探す場合、いくつかのポイントを踏まえておくことが重要です。
まず必ず期限を決めて探すことです。
期限を決めずにいると、いろいろ目移りをして、いつまでも決まらないことがありますので期限を決めることは大切です。
またこの時、一緒に決めておきたいのが希望条件の優先順位です。
全ての希望を叶える土地を探しだすのは不可能と考えておいた方がいいため、絶対に譲れない条件と妥協できる条件を明確にしておきましょう。
最後にいい土地を見つけた際、すぐに契約をしてしまうのではなく、注文住宅の設計を依頼する業者に相談をすることです。
土地によっては法律的に希望の設計ができないことがありますので、いざ土地を買った後にできないというトラブルを予防するためにも業者への相談は外せないのです。
こうしたポイントを踏まえておけば、土地探しで失敗をしてしまうことはないはずです。

新築の土地探しについて1

注文住宅を新築するための土地探しは、いま現在住んでいるアパートなどかある市町村だけではなく、幅広く周辺の他の市町村にも目を向けたほうがよいといえます。こうした場合、まずは不動産会社に土地の仲介を依頼するというのがオーソドックスな土地探しの方法ではありますが、日頃から懇意にしている不動産会社があるのであればともかく、知らない場所の不動産会社にいきなりコンタクトをとるのも気がひけるという場合もあることでしょう。そうした場合に、たとえば目当てにしている市町村が開設している空き家バンクの情報をのぞいてみるというのもひとつの方法です。空き家バンクは、未利用の住宅の解消と定住人口の増加という両方の目的を実現するため、それぞれの市町村が運営している不動産情報のデータベースです。空き家という名前はついていますが、実は土地についても登録されていることが多々ありますので、めぼしい土地があれば、市町村を通じて担当の不動産会社につないでもらうということが考えられます。

耐震住宅について

注文住宅を新築するときは、土地の形状や立地条件も価格に影響しますので覚えておきましょう。耐震住宅の一戸建てに設計したい場合は、工事が可能かチェックしてもらいましょう。土地が旗竿地になっていたり、隣接している道路の幅が4メートル以下の場合は、工事が困難になる場合が多いです。耐震住宅は設計だけでなく工事そのものも大掛かりになる要素がありますので、工務店や建築士の人と話し合う時間を確保するようにしましょう。希望する住宅完成日があるのなら早めに申し出ておきましょう。注文住宅は、すでに規格のある建売分譲住宅よりも工期が長くなります。工期が長くなりますが、耐久性は高くなります。耐久性は曖昧な基準に感じられるかもしれませんが、新耐震基準を満たしていると判定されれば客観的に耐久性を把握できます。旗竿地は工事車両が入れないので、クレーン車を利用する場合もあります。工事のコストは掛かりますが、耐震住宅が完成すれば住宅そのものは長持ちしますので、長い目で見るとお得です。